叱り方のコツ

感情的になって子供を叱ることは、子育てでは絶対にしてはいけません。お互いに人格を尊重することが難しくなるし、今後の親子関係にヒビが入ることもあります。ただ、とは言えども、時として子供を叱るべき局面にぶつかるものです。そんな時、どのように子供を叱れば効果的な子育てができるのかについて知っておくことも、親にとっては必要不可欠だと言えます。

叱る時に発してはいけない言葉としては、どんな類のものが挙げられるでしょうか。例えばですが、「何でそんなこともできないの?」とか「お前は悪い子だ」とか、ネガティブなイメージを与える言葉は、絶対に避けないといけません。これでは子供が自分を責めてしまうどころか、将来的に自己肯定力を下げてしまうことになるのです。本来の子育てとは、文字通り子供を育てることにあるのですから、子供の成長に支障が出るような言葉遣いは控えるようにしましょう。それよりも、「これでイタズラしたらどうなると思う?」と、子供に考えさせるような時間を確保することの方がより大切です。これだけのことでも、子供を傷つけることがなくて済みます。

叱り方が上手くできるかどうかは、子育てが上手くできるかどうかの分岐点です。子供の成長のためにも、適切な叱り方を知るようにしましょう。