親の価値観を押し付けてはいけない理由

子育てともなれば、ついつい感情的に子供を叱ったり、あるいは親の価値観を一方的に子供に押し付けたりしてしまいがちです。それこそ「○○するべき」的な思考を子供に伝えてしまうのは、子育ての落とし穴と言っても過言ではありません。しかし、このような方法で子育てを行うと、子供の教育に害を与えることにもなるのです。

親の価値観を押し付けることは、子育てでは絶対に禁物。子供の成長を期待する親の気持ちが出るのはごく当たり前のことかもしれませんが、あまり過剰になり過ぎてしまうと、子供が親に従わなくなります。あるいは、子供の反発心を煽るだけの結果に陥るでしょう。子供を親の所有物だと思って上からコントロールをしようとしても、思い通りに子育てができるわけではありません。子供は親の延長ではないですし、人格も全く別なのです。親が命令をしたとしても、思い通りに子供は動かないのですから、親の独特の価値観を押し付けるのは、くれぐれも避けるように心掛けましょう。

親が子供に過剰に密着するのではなく、子供と一歩距離を置いてみることによって、子供は伸び伸びと育つのです。これで精神的なイライラを感じることが少なくなり、その結果、賢い子育てが可能になります。